自然の学校 餅つきのお手伝い

2014年12月31日

西多摩マウンテンバイク友の会の柴田です。

12月の21日に、あきる野市の菅生地区で、毎年恒例になりました自然の学校のお餅つきのお手伝いに友の会メンバー13名+αで参加してきました。 このイベントは普段からあきる野市の菅生地区や大澄山等でお世話になっている、ふるさとの森づくりセンターの浅原さんが主催している自然体験教室、"自然の学校"の年末行事で、友の会では一昨年から参加させてもらっています。

昨年の様子
http://nishitama-mtb.jp/blog/sugao/post-68.html
一昨年の様子
http://nishitama-mtb.jp/blog/okiruno/2012121.html

さて、昨年までは野山北、六道山公園の収穫祭と日程ががぶっていたのですが、今年は一週間こちらの方が遅かったので、2週間連続の餅つきになったメンバーもいました。 また、参加メンバーも例年に比べて多かったです。

当日は朝8時に集合し、準備開始です。
薪を割り、
DSC02708.jpg
釜でお湯を沸かし、
DSC02710.jpg
せいろでもち米を蒸します。
DSC02713.jpg
DSC02719.jpg
今回は友の会の参加者が多いということで、例年よりも多くのもち米を用意していただきました!

また、餅に絡めるきな粉や餡子、すり胡麻や大根おろしなんかも準備します。
DSC02711.jpg
DSC02734.jpg
参加者の皆さんへのお土産も準備。 今年は自家製の梅干しです。
DSC02730.jpg

それともう一つ重要なのが、午後に行う予定のしめ縄作りに使う藁の準備。 手の空いた人総出でやってます。
DSC02721.jpg

さて、最初のもち米が蒸しあがり、さっそく餅つき開始です。 浅原さん&先週の収穫祭で餅をついてきたメンバーでスタート!
さすがに手馴れています。
DSC02741.jpg
今回はマウンテンバイクのJシリーズクロカンエリートのはっしーこと橋本さんも参戦。
DSC02745.jpg
さすがにパワフル!

さて、そうこうしているうちに、一般の参加者の皆さんも合流。
DSC02749.jpg
子供たちは杵と臼での餅つきに興味津々です。
DSC02754.jpg
友の会メンバーが、スタッフとして子供たちの餅つき体験をサポートします。
DSC02755.jpg
DSC02789.jpg
ちなみに、何人かの友の会のメンバーが、お子さんや奥さんと一緒に家族で参加してくれました。
DSC02787.jpg
つき終わった餅は、みんなでお土産用の鏡餅にするために、丸めます。
DSC02762.jpg
子供たちが餅を丸めている間は、大人の餅つきタイム。
DSC02766.jpg
女性もつきます!
DSC02774.jpg

そして皆さんお待ちかね、つきたての餅をみんなで食べます。 杵と臼でついたばかりも餅は食感が全然違います。
DSC02782.jpg

そこに、近くの協議会ハウスでリフォームの作業をしていたメンバーが餅を食べに合流。
DSC02783.jpg
ご苦労さまです!!

そしてお腹一杯になった後は、しめ縄作り。
DSC02798.jpgDSC02795.jpg
DSC02797.jpg
もちろん友の会のメンバーも参加させてもらってます。

DSC02802.jpg
しめ縄作りの後は、菅生で採れたサツマイモのおやつ。 せいろで蒸かしました。
最後はお土産をいただいて解散です。
DSC02808.jpg
家族連れ以外の友の会メンバーは、この後片づけを手伝って、イベント終了でした。
片付けまで終わった時はすでに日が傾いていたので、残念ながらライドは無しになってしまいましたが、最後の協議会ハウスを見せてもらって解散となりました。

このような季節感の味わえるイベントは貴重ですね。 友の会のメンバーもそれぞれ楽しませてもらったようでした。
参加させていただきました、ふるさとの森づくりセンターの皆さん、ありがとうございました。
また、スタッフとして参加していた自然の学校のリーダーの皆さん、明星大学の皆さん、お疲れさまでした。


会計 柴田