2012年12月のあきる野の活動その1 自然の学校 餅つきのお手伝い

2013年01月07日

西多摩マウンテンバイク友の会のブログをご覧いただいている皆さま、あけましておめでとうございます。
柴田です。

旧年中は友の会の活動にご理解とご協力をいただきありがとうございました。 本年もよろしくお願いいたします。

さて、遅くなりましたが、昨年の12月のあきる野での活動を報告させていただきます。

里山民家で収穫祭が行われていた同じ日に、あきる野市の菅生地区でも、ふるさとの森づくりセンター主催の"自然の学校"の餅つきが行われ、収穫祭に参加したメンバーとは別の友の会のメンバーとともに、お手伝いに行ってきました。 当日は自然の学校の参加者に加え、あきる野市の募集した自然体験の参加者の方も合わせ、約80名の参加者が集まりました。

朝、菅生地区のころりん村に集合し、ふるさとの森づくりセンターのスタッフや、自然の学校のリーダーの皆さんと一緒に、参加者が来る前に準備をします。

まずは、つきあがった餅につけるトッピング?の準備。
DSC05184.jpg
DSC05190.jpg
DSC05201.jpg
あんこ、きな粉、すり胡麻、納豆、大根おろし、キムチなど...

つけあわせのたくあんも切りまくります。
DSC05193.jpg

準備完了!! あとは餅がつきあがるの待つだけです。
DSC05204.jpg
DSC05205.jpg

同じころ、こちらではもち米を蒸しています。
DSC05197.jpg
68181_416297805106895_918072459_n.jpg
見てのとおり、せいろを使って薪の火でもち米を蒸すという、昔ながらの方法です。

また、手の空いた人は、午後のしめ縄作りのための藁の準備もしておきます。
DSC05194.jpg
DSC05206.jpg
なんというか、とってもゆる~い感じで準備が進んでいくと、参加者の皆さんが集まってきてもち米も蒸しあがり、待望の餅つき開始です。
DSC05225.jpg
杵と臼を使った餅つきに、大人も子供も興味津々です。あっという間に臼の周りには人だかりが...
DSC05226.jpg
自然の学校は体験することが目的なので、当然参加者全員で餅をつきます。

家族でつきます。
16067_379325885494454_996930275_n.jpg

大学生もつきます。
DSC05262.jpg

自然の学校のリーダー達。慣れてるだけあってとってもうまい!
DSC05267.jpg

当然友の会のメンバーも、
DSC05260.jpg
425631_379325732161136_1541853731_n.jpg

つきあがった餅はトッピングを絡めて食べるだけでなく、お土産用に片栗粉をつけて丸めます。
DSC05263.jpg
61827_416298035106872_1593238223_n.jpg

そしてみんなでお昼にお餅と豚汁をお腹一杯いただきましたが、あまりに美味しくて写真撮るのを忘れてしまいました。

昼食後は地元の方に教わりながらしめ縄を作ったり、昔遊びをしたりしてゆる~くすごしました。
DSC05269.jpg

最後には、お土産用の餅や手作りのたくあんをいただいて、解散となりました。
521307_416298641773478_1446973447_n.jpg

全体的にゆる~い空気が流れる、まったりとしたイベントで、参加したメンバーもそれぞれに楽しんだと思います。何より参加してくれた子供たちが喜んでくれたことが一番でした。ただ、普段使わない筋肉を使ったせいか、翌日は筋肉痛がひどかったですが...

参加した皆さん、お疲れさまでした。次回も是非お手伝いさせていただければと思います。
また、画像を提供いただいた深澤さん、杉山さん、ありがとうございました。


管理人