2017年7月の活動

2017年09月27日

西多摩マウンテンバイク友の会 中沢です。

今年は今まで以上にあっという間に夏が終わってしまった感じの活動の濃い夏でした!

ということで、2ヵ月以上前になりますが、7月の活動を振り返りたいと思います。

7月8日

あきる野市の緑の再生プロジェクトの一環で、道普請をしました。

17.7.01.jpg
日頃お世話になっている地域で自治会の皆さんと整備活動をしている尾根道ですが、今回は友の会メンバーにて行いました。

以前から水が出てしまう道で、町内の人も歩く際にやや困難になりつつある箇所を直しました。

17.7.02.jpg

泥水をかき出し石を敷き詰めます。

石は道の脇に流れている川から調達しました。

17.7.03.jpg

この後ももう少し作業をして調整。2ヵ月以上たった現在もズブズブの水たまりにはなっていないようです。

7月11日と12日は瑞穂町平地林活動。

2日間に渡って瑞穂町議会の皆さんと瑞穂町役場職員の皆さんとの協働作業でした。

17.7.04.jpg

17.7.05.jpg

2時間ちょっと共に汗をかいて、瑞穂町に残る身近にある貴重な自然を守り、繋いでいく作業をしました。

17.7.06.jpg
整備後は皆充実の表情です!

翌日は瑞穂町郷土資料館で8月に発行された瑞穂町長議会が発行している「議会だより」の巻頭特集記事作成のため、西多摩マウンテンバイク友の会と議員の皆さんの座談会を行いました。

17.7.07.jpg
友の会のフィールドでの活動の話から、町にとっての自転車、次世代のための取り組み、災害ボランティアセンター設置訓練について、そして町内会加入率をあげるための話まで、本当に幅広い話ができて、有意義なものとなりました。

17.7.08.JPG

出来上がった議会だよりの表紙に西多摩マウンテンバイク友の会が飾らせてもらいました。


7月19日は都立野山北六道山公園里山民家周辺の外来種植物の駆除活動を行いました。

17.7.09.JPG
今回はワルナスビを中心に、オオブタクサの駆除活動も行いました。

17.7.10.JPG
まずは民家の前のワルナスビを駆除。

根っこを切らないように気をつけながら手作業で一つずつ取り除いていきます。


17.7.11.JPG
こちらはオオブタクサ。

身長よりも明らかに大きい!!

ちなみに私の身長は176cmですから、かなりのデカさです!

17.7.12.JPG

ワルナスビにオオブタクサ、頑張って取り除きました!

オオブタクサの大きいものはここには運べていないので、写真に写っているのは一部なんです。

そしてこの里山民家周辺の外来種植物は日頃からコツコツと駆除活動をしてくれているボランティアさんがいて、

そういった活動の上に私たちがサイクリングに訪れた時にも里山はいい雰囲気になっているわけです。

ありがとうございます!


そして7月27日は武蔵村山市役所で開催された「狭山丘陵観光連携事業」の第1回の会議に出席しました。
17.7.15.JPG
会議の内容についてはここではアップいたしませんが、翌月に開催したフィールドワークについては、8月の活動報告ブログでアップしますね(^^)


会長 中沢