瑞穂町ボランティア交流会に参加してきました

2016年10月21日

皆さまいつも西多摩マウンテンバイク友の会ホームページ、ブログをご覧頂き有難うございます。友の会 水野です。
御報告が大変遅れて申し訳ありません。

9月10日に瑞穂町ふれあいセンター
にて開催した「第8回 ボランティア交流会」
の模様をお伝えします。
(掲載写真は、ボランティアセンターみずほ の方より拝借しました)

この交流会は、瑞穂町社会福祉協議会ボランティアセンターみずほ主催で同町ボランティア団体登録23団体をボランティアに興味がある一般の方々にご紹介し、またそれぞれの場所で活躍されているボランティア団体同士の親睦を目的としています。
友の会も今回で2回目の参加、活動説明をさせて頂きました。

先ずは、
交流会の発起人でもある、ボランティア交流会企画委員 石川賢一さまより
開会の挨拶とボランティアセンターみずほの活動報告です。
2016091004.JPG
また、今回は瑞穂ケーブルテレビの取材もありました。
2016091005.JPG

今回の活動説明は2団体。
先ずはふれあい音楽ボランティアの「あおぞらの会」の皆さん 
2016091010.JPG  
高齢者施設を定期活動場所として皆さんで音楽を楽しもう!!というボランティアグループです
演奏だけでなく、実際に一緒に歌って、踊っての内容で、定期公演を待ちわびている施設の方々も沢山いらっしゃるとお話を頂きました。

今回もバンド演奏と手話とハワイアン・ダンスを取り混ぜたダンスを披露、そして生演奏での合唱と皆さんと一緒に私達も参加させて頂きました。
2016091011.JPG
2016091012.JPG
2016091013.JPG

次は、友の会の番。
2016091020.JPG
2016091021.JPG
2016091050.jpg
活動説明では、友の会設立以来地域を問わず数多く重ねてきた活動と共に3月に瑞穂町にて行われた「瑞穂町協働フォーラム」の中で友の会 中沢会長が発表した「みんなで楽しむ平地林づくり」も改めて資料展示をさせて頂きました。

説明の後、参加者の方々と交流する時間を設けて頂いていたので
2016091022.JPG
活動資料など皆さんに見て頂きました。
2016091023.JPG

資料はこちらになります。
瑞穂協働フォーラムの会議録と展示資料
2016091052.jpg
都立羽村野花草花丘陵自然公園での大澄山活動やあきる野市菅生の森づくり協議会活動、
あきる野市旧五日市深沢地区の郷土の恵みの森構想の活動を紹介した資料などの他、
Bicycle CLUBや西多摩新聞などの掲載記事です
2016091051.jpg
防災の日、救急の日が近かったとの事でAED機器の展示し実際に触れて頂きました。
2016091053.jpg
併せて、マウンテンバイカーが普段里山で遊ぶ際に持ち運んでいる道具の紹介として株式会社マルイさまより機材提供を頂いている
トピーク携帯工具
フニッシュラインのオイル
エルゴンのバック
に入れて救急セットと共に展示させて頂きました。

次に
ボランティアセンターみずほ運営委員会 飯田弘副委員長によるレクリエーション
2016091031.JPG
与えられたカードを使って花や食べ物の種類をたくさん導き出すゲームです。
2016091030.JPG
参加者の方々と親睦を深める事ができました。

最後に参加者全員で「あおぞらの会」の演奏の瑞穂音頭。
2016091041.JPG
2016091040.JPG
瑞穂音頭を聞くのが初めてだったので、躊躇してましたが、参加者の手ほどきを受けながら輪の中に入りました。
2016091043.JPG

交流会の終了後、参加者の方から
「納屋にあった自転車、外に出してみようかな?ゆくゆくはマウンテンバイクにも乗ってみたいしね」と声を掛けて頂きました。

今回のイベントを通じて、
普段ではお話をする機会が中々ない年代の方々や他ボランティア団体との交流が出来て、貴重な時間だったと今振り返ると思います。
これからも機会があれば足を運んでみようと思います。
是非皆さんも参加されてみては如何でしょうか。


副会長 水野