第35回大澄山再生整備活動

2015年03月19日

皆さんこんにちは、友の会の柴田です。
先月の28日に2月の大澄山の活動を行いました。

内容は1月に引き続き、落ち葉だめ作りと落ち葉かき。 大沢の活動場所や菅生の畑で堆肥が必要になっていて、そちらでも活用していくため、昨年よりも作る量を増やさないとなりません。

さて、朝、現場に行ってみると竹の柵が倒れていました。 
DSC03090.jpg
前日の夜の強風で倒れてしまったようでした。このままほおっておくことはできないため、柵の修理も作業に加えました。

今回も20名以上のメンバーが参加してくれたので、作業ごとに班分けをしました。
1)三角点近くの平場付近に落ち葉だめを作り、その周辺の落ち葉かきをする班
2)今まで作った落ち葉だめに、さらに落ち葉を追加するために落ち葉かきをする班
3)竹柵を修理する班

さて、それぞれの班の活動ですが、1)と3)は経験豊富なメンバーにお願いし、2)はファミリーで参加してくれたメンバーにお願いしました。
まずは落ち葉だめ班、
DSC03134.jpg
ベースは先月作ったこちら。
DSC02999.jpg
材料は現場に生えているヒサカキなどを使っています。
DSC03132.jpg
太い幹を杭にして、細い枝と葉っぱで壁を作ります。
DSC03135.jpg
さすがは経験豊富なメンバーの班、いい感じで作ってくれました。
DSC03139.jpg
落ち葉を入れる前に、作ったメンバーで記念撮影!
DSC03137.jpg
先月つくったのよりも大きさも出来もグレードアップしていました。

次は柵の修理班、
まずは材料の竹や杭にする木を伐採します。
DSC03092.jpg
こちらも杭はヒサカキなどを使い、柵部分は竹を使います。
DSC03107.jpg
伐り出した竹は葉っぱの部分と幹に分け、幹は半分に割って使います。
DSC03126.jpg
割り方の指導はふるさとの森づくりセンターの浅原さん。
DSC03129.jpg
杭も壁の材料もそろったところで問題発生。 柵と杭を縛るための紐が有りませんでした。
残念ながら来月に持越しになってしまいました。 とりあえず、倒れた柵の片付けまで行って終了。
DSC03108.jpg

落ち葉かき班は先月までに作り終えた落ち葉だめに、落ち葉かきををして集めた葉っぱを追加するのがメインの作業。
ファミリー参加者がメインなのでとても賑やかでした。
DSC03093.jpg
親子で落ち葉かき、皆さん楽しく作業してくれてます。
DSC03096.jpg
DSC03097.jpg
つい落ち葉だめの中で遊んでしまったりしますが、楽しければOKです。ついでに落ち葉を圧縮してくれてます。
DSC03109.jpg
親子でないメンバーも落ち葉かき!
DSC03115.jpg
気が付けば、道具を使って橇遊びが始まってました。子供たちは自然の中ではいろいろな遊びを思いつきますね。
DSC03118.jpg
DSC03121.jpg
最後は落ち葉だめ班が作った新しい落ち葉だめにも落ち葉を集めました。
DSC03138.jpg

また、今回はアウトドアのフリーペーパー、Outdoor Sports Japan(OSJ)の方が取材に来てくれました。
DSC03112.jpg
我々の活動を紹介していただけるそうです。 ありがとうございました。

最後は全員で後片付けをして終了。 終了後はお約束の集合写真。
DSC03143.jpg

終了後は大沢に移動してライドしました。 ワーク&ライドが基本の友の会活動。 大澄山も例外ではありません。

ご参加いただいた皆さん、お疲れさまでした。
次回は3月の22日の予定です。


会計 柴田